freeeサインオフィシャルパートナー開始のお知らせ   

freeeサインとは

電子契約システムfreeeサインは、電子帳簿保存法の改正に対応した、弁護士が監修した安心設計のシステムです。すべての契約業務をクラウド上で完結できます。契約書の依頼・作成・締結・保管まで、煩雑な契約業務における様々なステップをすべてサポートします。電子データの管理・保存だけではなく、契約の電子締結よるコスト削減、業務のテンプレート化による事務体質の改善などにも威力を発揮します。freeeサインは業務の規模や必要性に応じて、システムグレードが選択できるプランを複数ご用意しております。徐々に規模や機能を増やしていく段階的な導入が可能です。

音声が含まれております。再生ボリュームへの配慮をお願いします。

電子帳簿保存法とは

電子帳簿保存法とは、国税関係(法人税法や所得税法)の帳簿や書類を電磁的記録(電子データ)で保存することを認める法律です。令和3年度の改正(2022年(令和4年)1月1日施行)では、「紙での業務の非効率」などを背景に、請求書をPDFでメール添付して授受したり、インターネットで物品購入をするなど日常的に行っている「電子取引」について、その取引情報を紙に出力して保存することが認められなくなりました。これまでは「ペーパーレス化に取り組みたい事業者が検討するもの」でしたが、これからはすべての事業者対象の法律へと位置づけが変わります。完全施行まで2年間の猶予はありますが、その間に対策を講じる必要があります。